オフィス概要

天井高 2514mm(OAフロア敷設時)
床荷重 300kg/m²
事務室内装 床:OAフロア29㎜+タイルカーペット7㎜壁:ALC板天井:システム天井
空調方式 個別空調+セントラル個別空調:24時間
空調時間 セントラル空調:平日の月~土 8:00~21:00日曜、祝日   8:00~18:00
電気容量 50VA/m²
照明 埋込下面開放型 700ルクス
電話 MDFより各階EPS内IDF盤設置
光ケーブル 最寄PD盤より取出し
TV共聴 BS・CS共聴
給湯設備 各階設置
トイレ設備 各階設置(ウォシュレットあり)障がい者用はB1F・11Fにあり

ビル概要

設計・監理 株式会社日建設計
工事施工 鹿島建設株式会社
敷地面積 8,436.42m²(隣接の神戸サンボーホール含む)
建築面積 1,421.60m²
延床面積 47,487.81m²(隣接の神戸サンボーホール含む)
基準階床面積 1,379.66m²
階数 地上26階 塔屋1階 地下2階
軒高 地上107m
構造 B2F~B1F 鉄筋コンクリート造1F 鉄骨鉄筋コンクリート造2F~26F 鉄骨造塔屋 鉄骨鉄筋コンクリート造
エレベーター 13台 低層階用5台・高層階用6台人荷用1台・カーリフト1台
エスカレーター 2台 1F⇔B1F
駐車場 104台(月極用・一般用)
開館時間 7:00~23:00(テナントは24時間出入可※休館日は出入不可)

インフラ・耐震設計

IT・OA対応

ビジネスオフィスに欠かせない快適な通信環境を完備

高速大容量のデータ通信に対応できるよう、光ケーブルを敷設済み。また、OA対応として、室内に50VA/m²の電源を確保していますので、簡単な工事を行うだけで、すぐに通信設備をご利用いただけます。IT関連を含め、幅広い業種の企業さまに、ご満足いただける通信環境が整っております。

耐震設計

阪神・淡路大震災でも立証された強固な構造

1969年に西日本初の高層ビルとして建築された神戸商工貿易センタービルは、設計段階から耐震性に細心の注意が払われました。地下の基部には十分な重さと大きさを持たせる一方で、地上の建物部分は軽量にし、横倒れを防止。また、建物をたわませることで揺れを吸収し、即座に復元する柔軟性を備え、亀裂や折損などの恐れのない構造となっています。

その優れた耐震性は、1995年の阪神・淡路大震災時に実証され、神戸商工貿易センタービルは損壊どころか、その構造に異常すら見られませんでした。

安全性

最新のセキュリティシステムを導入

ご賃借室には、磁気カードおよびキーボックス式による鍵管理を採用しています。
管理センター前(地下1階)に設置したキーボックスが磁気カードと連動し、24時間スムーズに入退室ができます。キーボックスに鍵が保管されると、自動的にセキュリティを確保。また、ビル閉館中でも、磁気カードを利用して入退館して頂けます。

24時間オフィスの安全を見守る管理センター

セキュリティ体制の強化のため、ハイテクノロジーを駆使した管理センターを設置。大切なオフィスの安全を24時間、自動監視いたします。

btn_pagetop

オフィス概要

ビル概要

インフラ・耐震設計

安全性

空室情報

オフィスご契約までの流れ

総合お問合せ